情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Node.jsでバッグを使用する

バッグを使用するにはBucketsパッケージのbuckets-jsモジュールのBagクラスを使用します。

このクラスはバッグの実装であり、下のような関数を提供します。

  • add・・・要素を追加します。第1引数に追加する要素を指定します。第2引数に追加する個数を指定します。第2引数は指定しなくても構いません。第2引数を指定しなかった場合には要素を1個追加します。
  • clear・・・全ての要素を削除します。
  • contains・・・要素が含まれているか調べます。第1引数に要素を指定します。
  • count・・・要素が何個含まれているか調べます。第1引数に要素を指定します。
  • equals・・・別のバッグと内容が同一であるか調べます。第1引数にバッグを指定します。
  • forEach・・・それぞれの要素に対して処理を行います。第1引数に実行する処理を関数として指定します。
  • isEmpty・・・空のバッグであるか調べます。
  • remove・・・要素を削除します。第1引数に削除する要素を指定します。第2引数に削除する個数を指定します。第2引数は指定しなくても構いません。第2引数を指定しなかった場合には要素を1個削除します。
  • size・・・要素の数を取得します。
  • toArray・・・全ての要素から成る配列を取得します。
  • toSet・・・セットに変換します。

サンプルコード1

Bagクラスの関数の使用例です。

buckets-js-bag.js

var bucketsJs = require('buckets-js');

var b = new bucketsJs.Bag();

print(b);

b.add(0);
b.add(1);
b.add(2);
b.add(3);
b.add(0);
b.add(1, 3);

print(b);

console.log(b.isEmpty());

console.log(b.size());

console.log(b.contains(0));
console.log(b.contains(10));

console.log(b.count(0));
console.log(b.count(1));
console.log(b.count(3));
console.log(b.count(10));

b.remove(0);
b.remove(1, 2);

print(b);

b.clear();

print(b);

console.log(b.isEmpty());

console.log(b.size());

function print(b) {
    b.forEach(function (e) {
        console.log(e);
    });
}

使用パッケージ

  • Buckets
    npm install buckets-jsでインストールします。

実行結果

C:\work\node>node buckets-js-bag.js
0
0
1
1
1
1
2
3
false
8
true
false
2
4
1
0
0
1
1
2
3
true
0

関連

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-Node.js