情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

WordPressのブログ記事にCSSやJavaScriptを追加する方法

WordPressでブログを運営していると時々記事にCSSやJavaScriptを追加したくなる時があります。

そのような場合には「CSS & JavaScript Toolbox」というプラグインを利用すると便利です。

プラグインのインストール

WordPressのダッシュボードのメニューから「プラグイン」->「新規追加」をクリックします。

「プラグインを追加」ページに移動します。

「プラグインの検索」テキストボックスに「CSS & JavaScript Toolbox」と入力し、「Enter」キーを押します。

検索結果が表示されます。

「CSS & JavaScript Toolbox」の「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

プラグインのインストールページに移動します。

プラグインのインストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインが有効化されます。

また、WordPressのダッシュボードのメニューに「CSS & JavaScript Toolbox」が追加されます。

WordPressのダッシュボードのメニューから「CSS & JavaScript Toolbox」->「CSS & JavaScript Toolbox」をクリックします。

「CSS & JavaScript Toolbox」のページに移動します。

「Install」をクリックします。

メッセージボックスが表示されます。

「OK」をクリックします。

インストールが開始します。

インストールが完了するとメッセージボックスが表示されます。

「OK」をクリックします。

「Start」をクリックします。

これでプラグインのインストールは完了しました!

CSSやJavaScriptの追加

「CSS & JavaScript Toolbox」のページの「New Code Block」ボタンをクリックします。

「Create New Code Block」というダイアログボックスが表示されます。

「Name」にコードの名称を入力します。

「Create」ボタンをクリックします。

新しいコードが追加され、編集画面が表示されます。

エディタにCSSやJavaScriptを入力します。

この時、<script>タグや<style>タグなども記述する必要がありますので注意してください。

「URLs」にCSSやJavaScriptを追加するブログ記事のURLを入力します。

「Save」ボタンをクリックします。

これでCSSやJavaScriptの追加が完了しました!

「URLs」に入力したURLの記事にCSSやJavaScriptが反映されているはずです。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-WordPress