情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

ECMAScript 6の新機能(8)for-of文

2016/05/27

ECMAScript 6でfor-of文という新しい種類のfor文が追加されました。

for-of文はイテラブルに対してループするためのループ構文です。

C:\work\node>node
> for (var x of ['foo', 'bar', 'baz']) {
... console.log(x);
... }
foo
bar
baz
undefined

breakcontinueを使用することもできます。

> for (var x of ['foo', 'bar', 'baz']) {
... if (x === 'bar') {
..... break;
..... }
... console.log(x);
... }
foo
undefined
> for (var x of ['foo', 'bar', 'baz']) {
... if (x === 'bar') {
..... continue;
..... }
... console.log(x);
... }
foo
baz
undefined

ループ変数はfor-of文の中で定義しなくても構いません。オブジェクトのプロパティや配列の要素でも構いません。

> var k
undefined
> for (k of ['foo', 'bar', 'baz']) {
... console.log(k);
... }
foo
bar
baz
undefined
> var obj = {}
undefined
> for (obj.x of ['foo', 'bar', 'baz']) {
... console.log(obj.x);
... }
foo
bar
baz
undefined
> var array = [1]
undefined
> for (array[0] of ['foo', 'bar', 'baz']) {
... console.log(array[0]);
... }
foo
bar
baz
undefined
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-ecmascript 2015, ecmascript 6, Javascript