情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

F#入門(3)キーワードについて

F#のキーワード(keyword)です。このキーワードは予約されている(reserved)ので識別子や型の名前として使うことはできません。

abstract           and                as                 assert             base

begin              class              default            delegate           do

done               downcast           downto             elif               else

end                exception          extern             false              finally

for                fun                function           if                 in

inherit            inline             interface          internal           lazy

let                match              member             module             mutable

namespace          new                null               of                 open

or                 override           private            public             rec

return             static             struct             then               to

true               try                type               upcast             use

val                void               when               while              with

yield

これは、OCalmのキーワードらしいですが、F#でも予約されているようです(但し、--ml-compatibilityオプションを使う場合を除く)。

asr                land               lor                lsl                lsr

lxor               mod                sig

更に、以下はF#の将来のバージョンのために予約されています。

atomic             break              checked            component          const

constraint         constructor        continue           eager              event

external           fixed              functor            global             include

method             mixin              object             parallel           process

protected          pure               sealed             tailcall           trait

virtual            volatile

全部で96個。C#が92個(コンテキストキーワードを含む)なので、かなり多い感じがします(実際はVBの方が遥かに多いですが)。

上の一覧表から、F#はclassなどのオブジェクト指向パラダイムのキーワード、returnなどの命令型(手続き型)パラダイムのキーワード、recなどの関数型パラダイムのキーワードを含んでいることが観察できます。なので、F#はプログラミングにおける主要な3つのパラダイム全ての要素を含んでいることが分かります。

場合に応じて、オブジェクト指向・命令型・関数型のどのパラダイムでもプログラムを書けるというのがF#の強みらしいです。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-F#