情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

GitHubを利用する

Gitリポジトリを公開するにはGitHubを利用するのが便利です。

アカウントの作成

GitHubを利用するにはまずアカウントを作成する必要があります。

GitHubのアカウントを作成するには下のページにアクセスします。

GitHub
https://github.com/

右側にある3つのテキストボックスに上から順番にユーザ名、電子メールアドレス、パスワードを入力し、その下の「Sign up for GitHub」というボタンをクリックします。

「Continue」をクリックします。

入力した電子メールアドレス宛にGitHubから電子メールが送られますので、本文の「Verify email address」をクリックします。

これでアカウントが使用できるようになりました。

リポジトリの作成

GitHubでリポジトリを作成するには下のページにアクセスします。

Create a new repository
https://github.com/new

「Repository name」にリポジトリの名称を入力し、「Description」にリポジトリの説明を入力し(入力しなくても構いません)、「Initialize this repository with a README」をチェックし、「Create repository」をクリックします。

すると、リポジトリが作成され、リポジトリのページが表示されます。

ファイルの編集

GitHubでリポジトリのファイルを編集するにはリポジトリのページから編集するファイルを選択し、「Edit this file」ボタンをクリックします。

編集画面に移動しますので、編集を行い、「Commit changes」にメッセージを入力し、「Commit changes」ボタンをクリックします。

すると、コミットが行われます。

ファイルの追加

GitHubでリポジトリにファイルを追加するにはファイルを追加したいフォルダのページの「Create new file」ボタンをクリックします。

編集画面に移動しますので、ファイル名を入力し、編集を行い、「Commit new file」にメッセージを入力し、「Commit new file」ボタンをクリックします。

すると、コミットが行われます。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-Git