情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Herokuアプリケーションの環境変数について

Herokuアプリケーションの設定は環境変数として設定します。

Herokuアプリケーションの環境変数は全てを合わせて32キロバイトまででなければなりません。

環境変数の表示

Herokuアプリケーションの環境変数を表示するにはheroku configコマンドを実行します。

heroku configコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。
  • --json・・・情報をJSON形式で表示します。

たとえば、下のようにします。

C:\work\heroku\app1>heroku config
=== shrouded-refuge-29302 Config Vars
TEST: true

Harokuアプリケーションの特定の環境変数の値を表示するにはheroku config:getコマンドを実行します。

第1引数に環境変数の名称を指定します。

また、heroku config:getコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。

たとえば、下のようにします。

C:\work\heroku\app1>heroku config:get TEST
true

環境変数の追加

Herokuアプリケーションに環境変数を追加するにはheroku config:setコマンドを実行します。

第1引数に1個以上の環境変数の名称と値を=で結合したもののリストを空白区切りで指定します。

また、heroku config:setコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。

たとえば、下のようにします。

C:\work\heroku\app1>heroku config:set FOO=x BAR=y
Setting FOO, BAR and restarting shrouded-refuge-29302... done, v6
BAR: y
FOO: x

環境変数の削除

Herokuアプリケーションから環境変数を削除するにはheroku config:unsetコマンドを実行します。

第1引数に1個以上の環境変数の名称のリストを空白区切りで指定します。

また、heroku config:unsetコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。

たとえば、下のようにします。

C:\work\heroku\app1>heroku config:unset FOO BAR
Unsetting FOO, BAR and restarting shrouded-refuge-29302... done, v8
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-Heroku