情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Herokuアプリケーションのリリースについて

Herokuアプリケーションのそれぞれのバージョンをリリースと言います。

Herokuアプリケーションは下のような場合にバージョンが上がり、新しいリリースが作成されます。

  • Herokuアプリケーションの新しいコードをアップロードした場合
  • Herokuアプリケーションの環境変数を変更した場合
  • Herokuアプリケーションにアドオンを追加した場合
  • Herokuアプリケーションからアドオンを削除した場合
  • Herokuアプリケーションのアドオンをアップグレードした場合
  • Herokuアプリケーションのアドオンをダウングレードした場合

Herokuアプリケーションの新しいリリースが作成される場合にはHerokuアプリケーションのビルドや環境変数の設定やアドオンの設定などの必要な作業が行われます。ただし、リリースの作成は15分以内に完了しなければなりません

そして、新しいリリースが作成されると、Herokuアプリケーションは自動的に再起動されます。

また、リリースは300メガバイト以下でなければなりませんので注意してください。

リリースの表示

Herokuアプリケーションの過去のリリースを表示するにはheroku releasesコマンドを実行します。

heroku releasesコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。
  • -n--num)・・・表示するリリースの最大数を指定します。
  • --json・・・情報をJSON形式で表示します。

たとえば、下のようにします。

C:\work\heroku\app1>heroku releases
=== shrouded-refuge-29302 Releases - Current: v5
v5  Deploy a7dce1b    pizyumi@hotmail.co.jp  2017/01/31 23:13:15 +0900
v4  Deploy 82c1853    pizyumi@hotmail.co.jp  2017/01/31 23:04:04 +0900
v3  Deploy c4feb3c    pizyumi@hotmail.co.jp  2017/01/31 22:51:15 +0900
v2  Enable Logplex    pizyumi@hotmail.co.jp  2017/01/31 22:50:51 +0900
v1  Initial release   pizyumi@hotmail.co.jp  2017/01/31 22:50:51 +0900

Herokuアプリケーションの特定のリリースの詳細な情報を表示するにはheroku releases:infoコマンドを実行します。

第1引数にバージョンを指定します。デフォルトは最新のバージョンです。

また、heroku releases:infoコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。
  • --json・・・情報をJSON形式で表示します。

たとえば、下のようにします。

C:\work\heroku\app1>heroku releases:info
=== Release v5
By:      pizyumi@hotmail.co.jp
Change:  Deploy a7dce1b
When:    2017-01-31T14:13:15Z

=== v5 Config vars

ロールバック

Herokuアプリケーションでは古いリリースを復元することができます。これをロールバックと言います。

ロールバックを行うと古いリリースを復元した新しいバージョンのリリースが作成されます。Herokuアプリケーションのバージョンが古いものに戻る訳ではありませんので注意してください。

ロールバックを行うにはheroku releases:rollbackコマンドを実行します。

第1引数にバージョンを指定します。デフォルトは最新のバージョンより1つ前のバージョンです。

また、heroku releases:rollbackコマンドには下のようなオプションを付加することができます。

  • -a--app)・・・Herokuアプリケーションの名称を指定します。デフォルトは現在のフォルダに存在するHerokuアプリケーションの名称です。
  • -r--remote)・・・HerokuアプリケーションのGitリポジトリのリモートの名称を指定します。
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-Heroku