情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

比較考量と比較衡量の違い

本を読んでいて、「比較衡量」という言葉が出てきました。

「比較考量」の間違いではないかと思ったのですが、調べてみたところそうではないようです。

「比較考量」「比較衡量」とも基本的に意味は同じと考えて良いようです。

ただ、使われる文脈が違っており、「比較考量」は一般的な文脈で、「比較衡量」はより法律に特化した文脈で使われるようです。更に「比較較量」という言葉もあるようですが、これは誤りということになっているらしいです。

実際、「考量」はIMEに登録されていますが、「衡量」はありません。手元の辞書にも「考量」はあっても「衡量」はありません。「比較衡量」は専門用語なのでしょうね。

因みに、法律で使われる「比較考量(衡量、較量)」は「利益衡量(衡量、較量)」と同じ意味です。

「利益衡量」の意味は「法律の合理的な解釈のために、当事者や利害関係人の利益その他の公益などを比較すること」です。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-日本語