情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

サーバサイドウェブ開発基礎 HTTP詳説 メソッド

HTTPリクエストのメソッドについて解説します。

GET

GETメソッドはリソースのリプリゼンテーションを取得するためのメソッドです。

HEADメソッドはメソッドがGETのHTTPリクエストに対するHTTPレスポンスのボディ以外を取得するためのメソッドです。

POST

POSTメソッドはボディのデータに対して何らかの処理を行うためのメソッドです。

処理がリソースの新規作成である場合にはサーバはステータスコードが201Created)でLocationヘッダフィールドの値が新規作成したリソースのURI(URL)参照であるHTTPレスポンスを返信するべきです。

PUT

PUTメソッドはリソースのデータをボディのデータに変更するためのメソッドです。ただし、リソースが存在しない場合にはボディのデータでリソースを新規作成します。

リソースを新規作成した場合にはサーバはステータスコードが201Created)でLocationヘッダフィールドの値が新規作成したリソースのURI参照であるHTTPレスポンスを返信するべきです。

リソースのデータを変更した場合にはサーバはステータスコードが200OK)か204No Content)のHTTPレスポンスを返信するべきです。

ただし、ボディのデータがリソースのデータに適していないものである場合にはサーバはステータスコードが409Conflict)のHTTPレスポンスを返信するべきです。ただし、特にボディのデータのメディアタイプ(MIMEタイプ)が正しくない場合にはステータスコードが415Unsupported Media Type)のHTTPレスポンスを返信するべきです。

DELETE

DELETEメソッドはリソースを削除するためのメソッドです。

リソースを削除した場合にはサーバはステータスコードが200OK)か204No Content)のHTTPレスポンスを返信するべきです。ただし、リソースの削除が後で行われる場合にはステータスコードが202Accepted)のHTTPレスポンスを返信するべきです。

CONNECT

CONNECTメソッドはプロキシに通信を転送するための接続の確立を要求するためのメソッドです。

クライアントはリクエストターゲットがサーバのホスト名とポート番号を:で結合したものであるHTTPリクエストをプロキシに送信しなければなりません。ただし、ポート番号がデフォルトのポート番号である場合には:とポート番号を省略することができます。

OPTIONS

OPTIONSメソッドはサーバが受け取ったHTTPリクエストに対して適用することのできるオプションを取得するためのメソッドです。

サーバはステータスコードが200OK)でHTTPリクエストに対して適用することのできるオプションに関する記述をヘッダフィールドの値に含むHTTPレスポンスを返信しなければなりません。

ただし、クライアントはリクエストターゲットが*であるHTTPリクエストをサーバに送信することができます。

この場合、サーバは自身に関して適用することのできるオプションに関する記述をヘッダフィールドの値に含むHTTPレスポンスを返信しなければなりません。

TRACE

TRACEメソッドはサーバが受け取ったHTTPリクエストを取得するためのメソッドです。

サーバはステータスコードが200OK)でContent-Typeヘッダフィールドの値がmessage/httpでボディが受け取ったHTTPリクエストであるHTTPレスポンスを返信しなければなりません。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-http, web