情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

サーバサイドウェブ開発基礎 HTTP詳説 HTTPリクエストのヘッダフィールド

HTTPリクエストのヘッダフィールドについて解説します。

Acceptヘッダフィールド

AcceptヘッダフィールドはクライアントがHTTPレスポンスのボディとして受け取りを希望するデータのメディアタイプ(MIMEタイプ)を表します。

コンテントネゴシエーション

Accept-Charsetヘッダフィールド

Accept-CharsetヘッダフィールドはクライアントがHTTPレスポンスのボディとして受け取りを希望するデータの文字コードを表します。

コンテントネゴシエーション

Accept-Encodingヘッダフィールド

Accept-EncodingヘッダフィールドはクライアントがHTTPレスポンスのボディとして受け取りを希望するデータに使用されるコンテントコーディングを表します。

コンテントネゴシエーション

Accept-Languageヘッダフィールド

Accept-LanguageヘッダフィールドはクライアントがHTTPレスポンスのボディとして受け取りを希望するデータが対象としている人間の言語を表します。

コンテントネゴシエーション

Authorizationヘッダフィールド

Authorizationヘッダフィールドはサーバからのチャレンジに対するクレデンシャルを表します。

認証

Cache-Controlヘッダフィールド

Cache-Controlヘッダフィールドはキャッシュに関する情報を表します。

キャッシュ

Connectionヘッダフィールド

Connectionヘッダフィールドは接続や通信に対して適用するオプションを表します。

接続や通信の制御

Content-Encodingヘッダフィールド

Content-Encodingヘッダフィールドはボディのデータに使用したコンテントコーディングや処理対象のリソースのリプリゼンテーションのデータに使用されるコンテントコーディングを表します。

リプリゼンテーションメタデータ

Content-Languageヘッダフィールド

Content-Languageヘッダフィールドはボディのデータが対象としている人間の言語や処理対象のリソースのリプリゼンテーションのデータが対象としている人間の言語を表します。

リプリゼンテーションメタデータ

Content-Lengthヘッダフィールド

Content-Lengthヘッダフィールドはボディの長さを表します。

接続や通信の制御

Content-Locationヘッダフィールド

Content-LocationヘッダフィールドはボディのデータのURI(URL)や処理対象のリソースのリプリゼンテーションのデータのURIを表します。

接続や通信の制御

Content-Typeヘッダフィールド

Content-Typeヘッダフィールドはボディのデータのメディアタイプや処理対象のリソースのリプリゼンテーションのデータのメディアタイプを表します。

リプリゼンテーションメタデータ

Cookieヘッダフィールドはクッキーのキーとバリューを表します。

クッキー

Expectヘッダフィールド

Expectヘッダフィールドはサーバの動作に対して適用するオプションを表します。

動作の制御

Fromヘッダフィールド

Fromヘッダフィールドはユーザの電子メールアドレスを表します。

Hostヘッダフィールド

HostヘッダフィールドはリソースのURIのホスト部分とポート部分を表します。

If-Matchヘッダフィールド

If-Matchヘッダフィールドはリソースのリプリゼンテーションの存在タグに関する条件を表します。

条件リクエスト

If-Modified-Sinceヘッダフィールド

If-Modified-Sinceヘッダフィールドはリソースのリプリゼンテーションの更新日時に関する条件を表します。

条件リクエスト

If-None-Matchヘッダフィールド

If-None-Matchヘッダフィールドはリソースのリプリゼンテーションの存在タグに関する条件を表します。

条件リクエスト

If-Rangeヘッダフィールド

If-Rangeヘッダフィールドはリソースのリプリゼンテーションの強い存在タグに関する条件を表します。

条件リクエスト

If-Unmodified-Sinceヘッダフィールド

If-Unmodified-Sinceヘッダフィールドはリソースのリプリゼンテーションの更新日時に関する条件を表します。

条件リクエスト

Pragmaヘッダフィールド

Pragmaヘッダフィールドはキャッシュに関する情報を表します。

キャッシュ

Proxy-Authorizationヘッダフィールド

Proxy-Authorizationヘッダフィールドはプロキシからのチャレンジに対するクレデンシャルを表します。

認証

Rangeヘッダフィールド

RangeヘッダフィールドはHTTPレスポンスのボディとして受け取りを希望するデータの範囲を表します。

範囲リクエスト

Refererヘッダフィールド

Refererヘッダフィールドはユーザが何らかのドキュメントのリンクをクリックしたことによってHTTPリクエストが行われた場合におけるリンクが含まれていたドキュメントのURI(URL)を表します。

すなわち、あるドキュメントの参照元のドキュメントを表します。

サーバは参照元のドキュメントに応じて別々の処理を行ったり、どのドキュメントからどのドキュメントが参照されたかの統計を取ったりするためにこのヘッダフィールドの値を使用することができます。

TEヘッダフィールド

TEヘッダフィールドはクライアントがどのようなトランスファーコーディングをサポートしているかを表します。また、クライアントがボディを受け取り終わった後に追加でヘッダフィールドを受け取ることが可能であるかを表します。

接続や通信の制御

Trailerヘッダフィールド

Trailerヘッダフィールドはボディを送信し終わった後に追加で送信されるヘッダフィールドのフィールド名を表します。

接続や通信の制御

Transfer-Encodingヘッダフィールド

Transfer-Encodingヘッダフィールドはボディで使用されているトランスファーコーディングを表します。

接続や通信の制御

User-Agentヘッダフィールド

User-Agentヘッダフィールドはクライアントの名称やクライアント側の環境(OSの名称など)を表します。

複数の名称を指定する場合には空白で区切ります。

また、名称の後には/に続けてバージョンを指定することもできます。

サーバはクライアントの種類に応じて別々の処理を行ったり、どのクライアントからHTTPリクエストを受け取ったかの統計を取ったりするためにこのヘッダフィールドの値を使用することができます。

Upgradeヘッダフィールド

Upgradeヘッダフィールドはクライアントが移行を要求するプロトコルを表します。

接続や通信の制御

Viaヘッダフィールド

ViaヘッダフィールドはHTTPリクエストを転送したプロキシとプロトコルに関する情報を表します。

プロキシ

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-http, web