情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

cURLのインストール

下のページにアクセスします。

cURL - Download
http://curl.haxx.se/download.html

下の方にある「Win32 - Generic」と「Win64 - Generic」の中から環境に合わせて適切なものを選択します。バージョン番号(「7.46.0」(バージョン番号は執筆時点のものです))をクリックします。

ファイルのダウンロードが始まりますので適当なフォルダに保存します。

ダウンロードが完了したら、保存されたファイル(圧縮ファイル)を解凍します。

解凍して生成されたフォルダ全体をインストールしたいフォルダの下に移動します。

環境変数を設定します。

Windowsキー+PAUSEBREAKキーを押し、「システム」ウィンドウを開きます。

左側のメニューにある「システムの詳細設定」をクリックし、「システムのプロパティ」ウィンドウを開きます。

「詳細設定」タブをクリックし、下の方にある「環境変数」ボタンをクリックし、「環境変数」ウィンドウを開きます。

「ユーザー環境変数」のPathを選択し、「編集」をクリックし、「ユーザー変数の編集」ウィンドウを開きます。

「変数値」に;を追記し、更にcURLをインストールしたフォルダの下にあるbinフォルダのパスを追記します。

「ユーザー変数の編集」、「環境変数」、「システムのプロパティ」ウィンドウの「OK」ボタンを押し、ウィンドウを閉じます。

インストールが終わったら、正常にインストールされているか確認しましょう。

コマンドプロンプトを起動し、node -vと入力し、Enterキーを押します。

下のようにバージョン番号が表示されたら正常にインストールされています。

C:\work\node>curl -V
curl 7.46.0 (x86_64-pc-win32) libcurl/7.46.0 OpenSSL/1.0.2e zlib/1.2.8 WinIDN li
bssh2/1.6.0 nghttp2/1.6.0
Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps pop3 pop3s
 rtsp scp sftp smtp smtps telnet tftp
Features: AsynchDNS IDN IPv6 Largefile SSPI Kerberos SPNEGO NTLM SSL libz TLS-SR
P HTTP2
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-未分類