情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング77 形容詞の順序について前半

KHANACADEMYの形容詞の順序について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Adjective order
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/adjective-order-and-commas-with-adjectives/v/adjective-order


もしあなたの母語が英語であるなら「french old white house」という表現は少し奇妙に思えるかもしれません。
もしあなたの母語が英語ではないなら奇妙には思えないかもしれません。
そして、私もこの講座の準備を始めるまで全く知らなかったのですが、英語の形容詞には特定の並び順が存在します。
これは英語話者として自然に習得したものだと思うのですが、あなたが英語を話しながら育ったのでなければ少し手強いこともあるかもしれません。
そして、問題というのは「french old white house」という表現をおかしくなく思えるようにするにはこれらの形容詞をどのような順序で並べなければならないかということです。
「old white french house」にするとおかしくなく思えます。
何故なら、形容詞には、限定詞(determiner)、意見(opinion)、大きさ(size)、年齢(age)、形状(shape)、色(color)、起源(origin)、材料(material)、目的(purpose)という順序があるからです。
短縮するとdosa scompとなります。
そして、「dosa」は南インドの平たいパンです。
そして、「scomp」は食べることを表す言葉だと私は言いたいです。
これは言葉ではありません。これは勝手に作った言葉です。
しかし、私には「scomp」は「scarf」(~をがつがつ食べる)のように聞こえます。あるいは、「chomp」(~をむしゃむしゃ食べる)です。
これらは両方とも食べることについての動詞です。「scarf」はスカーフのことも表しますが。
ですから、「dosa scomp」からは南インドのおいしい食べ物をがつがつ食べるところを想像していただきたいです。
限定詞は「the」や「an」のような言葉です。
意見は何かについて説明した時に全員が同意することはないだろうことです。
つまり、もしあなたが黒い金属を見ているならば、それが黒色であることには全員が同意することができるでしょう。
しかし、あなたがそれは素晴らしい見た目をしているとか、醜悪な見た目をしているとか考えたとしても、もしかしたら誰かはそれに同意しないかもしれません。
これが意見です。
ですから、たとえば、「cool」は意見でしょう。
大きさは、たとえば、「big」です。
年齢は、たとえば、「old」です。
形状は、たとえば、「square」です。
色は、たとえば、「black」です。
そして、起源は普通はそれがどこから来たかを表します。ですから、たとえば、「texan」です。
そして、それから、材料は、たとえば、「leather」です。
そして、目的には分詞とか動詞的形容詞と呼ばれるものを使用します。これはそれが何のためのものであるかを決定します。
そして、もし私たちが乗って動かす芝刈り機について話しているのなら、それは「riding mower」と呼ばれることになります。
ですから、「cool big old square black texan leather riding mower」となります。
しかし、実のところ、殆どの普通の英語の文においては所与のものについて説明するために形容詞を使用する際には3つより多くの形容詞を使用することは恐らく決してないでしょう。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • scarf・・・~をがつがつ食べる
  • chomp・・・~をむしゃむしゃ食べる
  • gerundive・・・動詞的形容詞
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語