情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング73 副詞について前半

KHANACADEMYの副詞について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Intro to adverbs
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/introduction-to-adverbs/v/intro-to-adverbs


今回は副詞の働きについて話したいと思います。
そして、副詞の働きについて話すには形容詞の働きについてまず話すのが役に立つかもしれないように思えます。
そして、形容詞は物事を修飾することができます。
そして、形容詞が修飾するのは名詞だけです。
副詞は名詞以外の全てを修飾します。
そして、動詞を修飾することが多いです。
そして、それは名前にも表れています。
副詞(adverb)です。
「adverb」の「ad」の部分はラテン語が由来であり、英語の「on」や「to」を意味します。
「adverb」の「verb」の部分は動詞を意味します。
副詞は基本的に動詞に繋げる言葉なのです。
そして、たとえば、「greyson ran slowly.」(greysonはゆっくり走った)という文を書くことができます。
そして、この文の中で「slowly」は「ran」に言及しています。
「slowly」は「greyson」がどのように走ったかを表現しています。
「slowly」は「greyson」について説明している訳では全くありません。
「slowly」は走るという行動を修飾しています。走るという行動について説明しています。
また、「pearl arranged the furniture slowly.」(pearlは家具をゆっくり準備した)という文を書くこともできます。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • slap・・・~をポンと置く
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語