情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング74 副詞について後半

KHANACADEMYの副詞について説明している下の動画の後半部分を要約してみました。

Intro to adverbs
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/introduction-to-adverbs/v/intro-to-adverbs


しかし、形容詞を修飾する言葉も副詞とされています。
ですから、副詞は動詞と形容詞を修飾するということです。
ですから、たとえば、「vanessa was very hungry.」(vanessaは非常にお腹が空いていた)という文を書くことができます。
「hungry」は形容詞であり、「very」は「hungry」を修飾しています。
vanessaはどれくらいお腹が空いていたのでしょうか?
vanessaは非常にお腹が空いていました。
「vanessa was slightly hungry.」(vanessaは少しお腹が空いていた)という文を書くこともできます。
そして、「slightly」は副詞について最も重要なことの1つを示唆しています。
一般的に副詞は「ly」という語尾を有する傾向にあります。
ですから、副詞は一般的に形容詞に「ly」を付加することによって作られます。
ですから、「slow」という形容詞の場合、「ly」を付加すると「slowly」という副詞が得られます。
「nice」という形容詞の場合、「ly」を付加すると「nicely」という副詞が得られます。
「cheerful」という形容詞の場合、「ly」を付加すると「cheerfully」という副詞が得られます。
ですから、副詞は名詞以外の全てを修飾します。
そして、これは副詞は動詞と形容詞を修飾するということを意味します。
大抵の場合に副詞を作る方法は形容詞に「ly」を付加するというものです。
副詞は動詞や形容詞に貼り付けるステッカーのようなものです。
これが副詞とは何かということであり、副詞の働きとは何かということです。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語