情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング70 冠詞について

KHANACADEMYの冠詞について説明している下の動画を要約してみました。

Intro to articles
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/introduction-to-adjectives-and-articles/v/intro-to-articles-v1


冠詞と呼ばれるものについて理解していきたいと思います。
冠詞とは「a」や「an」や「the」のような言葉のことです。
冠詞は形容詞の一種です。限定詞と呼ぶ人もいるでしょう。
冠詞は何かがどれくらい重要なものであるかやどれくらい限定されたものであるかを明確にするのに役立ちます。
つまり、冠詞は何かが特定のものであるかどうかを区別します。
たとえば、特定されていない象について話す場合には「an elephant」と言いますし、特定の象について話す場合には「the elephant」と言います。
これが違いです。
「the elephant」と言っている場合には特定の象について話しています。
これが定と呼ばれるものです。
何故なら、これは何について話しているかを定義しているからです。
何について話しているかを正確に知りたい場合というのが時々あります。
それが「the」という言葉を使用する場合です。
もし話しているものが限定されていないなら、たとえば、特によく知っている訳ではない象について話しているなら、あるいは、まだ触れていない象について話し始めるなら、「an alephant」と言うことになるでしょう。
何故なら、話しているものが特定されていないからです。定義されていないからです。
文法学者はこれを不定と呼んでいます。
誰について、あるいは、何について話しているのか確実に分かっている場合には「the」を使用します。
そして、確実に分かってはいない場合には「a」や「an」を使用します。
ですから、もし特定の象について話していると分かっているなら、たとえば、女王の象について話していると分かっているなら、「the」を使用するでしょう。
そして、もし特定されていない象について話しているなら「a」を使用するでしょう。つまり、不定冠詞を使用するでしょう。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • definite・・・定の
  • indefinite・・・不定の
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語