情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング72 定冠詞と不定冠詞について後半

KHANACADEMYの定冠詞と不定冠詞について説明している下の動画の後半部分を要約してみました。

Definite and indefinite articles
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/introduction-to-adjectives-and-articles/v/definite-and-indefinite-articles


不定冠詞はその後に発音するものが母音であるかどうかに応じて「a」になるか「an」になるかが変わります。
これはどういうことでしょうか?
これは不定冠詞の次に言おうとしている言葉が母音から始まると分かっているなら不定冠詞の「a」を「an」に変えることになるということです。
ですから、「a box」と言うか「an apple」と言うかの違いということです。
標準的なアメリカ英語では「a apple」とは言いません。
率直に言って、「a apple」と言うのは発音するのが簡単ではありません。
多少労力が必要になります。
そして、言語は労力が要らない方に進化していくと言語学者は言っています。
ですから、「a box」と言い、「an apple」と言います。
必ず母音を探すようにしなければなりません。
たとえば、「u」の発音は必ず母音となるとは限りません。
「union」という言葉のように「u」が言葉の冒頭にある場合には「u」の発音は子音となることがあります。
しかし、「an underwater boat」のように言葉の冒頭にある「u」の発音が母音となる場合は確かにあります。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語