情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング26 未来時制について

KHANACADEMYの未来時制について説明している下の動画を要約してみました。

The future tense
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-verb/the-tenses/v/the-future-tense-verbs-the-parts-of-speech


英語では未来時制を作るのに「will」という言葉を使います。
現在時制では「i eat this capcake.」と言います。
これは現在です。
しかし、未来の場合、「i will eat this capcake.」と言います。
これは今について話す現在や前に既に起こったことを話す過去とは対照的に後です。
そして、未来を作る最もよく見られる方法は現在時制で文を作り、動詞の前に「will」をくっつけるものです。
たとえば、「i pet the triceratops.」は「i will pet the triceratops.」となります。
これが未来を作る最も基本的な方法です。
「is going to」を使うこともできます。
たとえば、「lorraine is going to visit canada.」です。
これは未来を作るもう1つの方法です。
しかし、未来を作る最もよく見られる方法は単に「will」を置くものです。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • jet pack・・・ジェットパック
  • jump suit・・・ジャンプスーツ
  • pet・・・~をかわいがる
  • triceratops・・・トリケラトプス
  • bud・・・親友
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語