情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング29 助動詞について

KHANACADEMYの助動詞について説明している下の動画を要約してみました。

Helping verbs
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-verb/linking-and-helping-verbs/v/helping-verbs-the-parts-of-speech-grammar


動詞がどのように動作を示すことができるかとどのように概念を連結することができるかについては既に話しました。
今回は他の動詞を補助するという動詞の3つ目の機能について話したいと思います。
このような動詞を助動詞と言います。
助動詞は本当に単に「have」や「be」という動詞が語形変化した形のものです。
助動詞は特に文についてのある種の事実をはっきりとさせます。
普通はいつ起こっているかということです。
「brian is eating a pizza.」
「brian has eaten a pizza.」
「brian was eating a pizza.」
「brian had been eating a pizza.」
これら全ての助動詞の存在はどれを使うかによって異なる効果を有します。
「brian is eating a pizza.」は今行われているということを示します。
「brian has eaten a pizza.」は過去に行われ、完了しているということを意味します。
「brian was eating a pizza.」は何かが起こった時、ピザを食べている最中だったということを意味します。
「brian had been eating a pizza.」はピザを食べていて、どこかの時点でピザを食べるのを止めたということです。
動詞は動作を示すことができ、概念を連結することができ、他の動詞を補助することができます。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • inflect・・・語形変化する
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語