情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング61 不定代名詞について前半

KHANACADEMYの不定代名詞について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Indefinite Pronouns
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-pronoun/indefinite-pronouns-pronoun-vagueness-and-emphatic-pronouns/v/indefinite-pronouns-the-parts-of-speech-grammar


今回は不定代名詞というものについて話したいと思います。
不定代名詞とは限定されていないものや定義されていないものや不明確なものに対して使用される代名詞です。
「any」、「anybody」、「each」、「everybody」、「nobody」のような言葉です。
そして、不定代名詞には素晴らしい点が幾つかあります。
1つ目は、不定代名詞は文の中で主語と目的語の両方として使用することができるということです。
たとえば、あなたが私に「david, do you want pizza?」(ピザは欲しい?)と聞いた時には、私は「yes, please! i'd love some.」(お願い。少しだけ)と答えることができます。
この場合は、「some」を目的語として使用しています。
あるいは、「yes, please! some would be great.」(お願い。少しだけ)と答えることもできます。
この場合は、「some」を主語として使用しています。
2つ目は、「both」、「neither」、「either」という言葉は両数の意味を有するということです。
これらは英語では2つだけのものを指し示す唯一の言葉です。
つまり、これらは他の殆どの不定代名詞より不定の度合いが低いのです。
何故なら、これらは2つのものから成るものを指し示すからです。
たとえば、誰かが私に「do you like mangoes or cherries more?」(マンゴーとチェリー、どっちの方が好き?)と聞いた時には、私は「i like both equally.」(どっちも同じくらい好き)と答えることができます。
この場合は、「both」はチェリーとマンゴーを同時に指し示しています。
そして、これは本当に奇妙です。
何故なら、英語ではこのような2つのものを指し示す場合というのはこれ以外に本当に存在しないからです。
英語は1つのものと1つより多いものを区別するのが普通なのです。
しかし、これは、1つより多いものと正確に2つのものを区別する非常に少ない場合なのです。
英語では2つのものを指し示す言葉というのは殆どないのです。
ですから、これは本当に素晴らしいのです。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • indefinite・・・不定の
  • dual・・・両数
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語