情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング86 強意語についてその3

KHANACADEMYの強意語について説明している下の動画の終わりの部分を要約してみました。

Intensifiers and adverbs of degree
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/comparative-superlative-intensifiers-and-adverbs-of-degree/v/intensifiers-and-adverbs-of-degree-modifiers-the-parts-of-speech


そして、「incredibly」や「somewhat」や「barely」のような言葉が程度の副詞です。
ですから、これらは毒ヘビがどれくらい致死的に危険であるかを示します。
そして、これが強意語と程度の副詞の基本的な働きです。
ですから、強意語のことを考える際には単に「very」という言葉について考えてください。
そして、程度の副詞とは何であるかを明らかにしようとすれば、それは多少どれくらいかという疑問の答えになるでしょう。
ですから、もし何かの意味を強調したいならば、「very」や「extremely」のような強意語を使用します。
そして、もし何かの程度を表現したいならば、1杯のお茶か何かについて話していてそれがどれくらい熱いのか表現したいとするならば、「it's too hot.」(それは余りにも熱い)と言うことができます。
「it's slightly hot.」(それは若干熱い)と言うことができます。
「it's somewhat hot.」(それは少し熱い)と言うことができます。
「it's almost hot.」(それはかなり熱い)と言うことができます。
程度の副詞には様々なものがあります。
しかし、それは基本的に区別です。
強意語は強力です。
しかし、使用範囲が非常に狭いです。
そして、程度の副詞は使用範囲が広いです。様々な異なる意味を表現することができます。
これが強意語と程度の副詞です。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語