情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング43 法助動詞について後半

2017/03/14

KHANACADEMYの法助動詞について説明している下の動画を要約してみました。

Modal verbs
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-verb/verb-aspect-and-modal-verbs/v/modal-verbs-the-parts-of-speech-grammar


そして、最後に、法助動詞は法を示すことができます。
つまり、条件を定めることができます。
「must」には幾つか異なる使い方があります。
「must」は高い可能性や必要性や義務を表すために使用することができます。
「may」は可能性や許可を表すために使用することができます。
「can」は能力を表すために使用することができます。
「would」は低い可能性を表すために使用することができます。
「should」は助言を表すために使用することができます。
「will」や「shall」は未来を表すために使用することができます。
「shall」は嘗てもっとよく使われており、イギリス英語では今もまだ使われていますが、アメリカ英語では非常に稀にしか使われません。
これらの動詞は非常に強力です。
これらの動詞をどのように使うか習得すべきです。
そして、実際に課題をコンプリートすることができれば、これらのトリッキーな動詞を習得したということになるでしょう。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • muddy・・・泥だらけの
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語