情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング14 不規則名詞 単複同形について後半

KHANACADEMYの不規則名詞について説明している下の動画の後半部分を要約してみました。

Irregular plural nouns – base plurals
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-noun/irregular-plural-nouns-base-plurals-and-irregular-endings/v/irregular-plurals-the-base-plural


一つは「fish」です。
ですから、「the fish are plentiful this season」(今季は魚が沢山獲れる)と言うこともできますし、「the fish is delicious」(この魚は美味しい)と言うこともできます。
「the bison migrate west」(これらのバイソンは西に移動する)と言うこともできますし、「the bison migrates west」(このバイソンは西に移動する)と言うこともできます。
「bison」も「fish」も単数形にも複数形にもなります。
よくあるように、「fish」という言葉には特別な例外があります。
これまでに聞いたことがあるのではないでしょうか?
魚の個々の種について話す時には「fishes」という言葉を使います。
そして、ここの魚について言う時には「fish」という言葉を使います。
あなたの叔父であるMartyは素晴らしい漁師であるとしましょう。
彼は週末に毛針釣りに行って帰ってきました。
彼は三十匹の「fish」を持っていました。
Martyは三十匹の「fish」を釣りました。
しかし、一方であなたの叔母であるMartaは素晴らしい海洋生物学者で三十種の異なる魚について研究しているとしましょう。
Martaは三十種の「fishes」を研究しています。
これは彼女が三十匹の魚を研究しているということとは違います。
これは彼女は三十種の魚を研究しているということです。
これが違いです。
「fishes」は種について言います。
「fish」は個々の魚について言います。
これによって使用する複数形が決まります。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • lamb・・・子羊
  • conjugation・・・活用
  • plentiful・・・豊富な
  • bison・・・バイソン
  • prodigious・・・素晴らしい
  • fly-fishing・・・毛針釣り
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語