情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング15 不規則名詞 突然変異の複数形について

KHANACADEMYの突然変異の複数形について説明している下の動画を要約してみました。

Irregular plural nouns – the MUTANT PLURALS
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-noun/irregular-plural-nouns-mutant-and-foreign-plurals/v/irregular-plural-nouns-part-iv-the-parts-of-speech-grammar


不規則名詞、第4部です。
突然変異の複数形です。
これらの言葉は奇妙な、醜悪な変化をするという点で突然変異の強大な力を持っています。
英語の複数化の他のルールには従いません。
しかし、まあ良いことがあります。
このような変化をする言葉は7つしかないのです。
どのように変化するのでしょうか?
全て書いて説明しましょう。
「foot」、「woman」、「man」、「tooth」、「goose」、「mouse」、「louse」です。
これらの言葉を複数形にする場合には「s」は付けません。
「foot」の複数形は「foots」ではありません。
「woman」の複数形は「womans」ではありません。
「tooth」の複数形は「tooths」ではありません。
これらの言葉が突然変異の複数形と呼ばれているのは母音が別の母音に変わるからです。
「foot」の複数形は「foots」ではなく、「feet」です。
「woman」の複数形は「womans」ではなく、「women」です。
「man」の複数形は「mans」ではなく、「men」です。
「tooth」の複数形は「tooths」ではなく、「teeth」です。
「goose」の複数形は「gooses」ではなく、「teese」です。
「mouse」の複数形は「mouses」ではなく、「mice」です。
「louse」の複数形は「louses」ではなく、「lice」です。
「mouse」と「louse」の場合、後ろの方のスペルが「se」から「ce」に変わります。
発音は変わりません。
これは単に英語のスペルの歴史の特異さから来るものです。
何故このような変化をするのかは別の動画で話したいと思います。
これらの7つの言葉が英語でこのような変化をする唯一の言葉です。
少しだけしか覚えなくて良いのが幸運です。
それに、あなたが他人の帽子を借りることがないなら、「lice」についてはあまり気にする必要はないでしょう。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • superpower・・・強大な力
  • obnoxious・・・醜悪な
  • cool・・・まあ良い
  • goose・・・ガン
  • louse・・・シラミ
  • vowel・・・母音
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語