情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング4 名詞の単数形と複数形について前半

KHANACADEMYの名詞の単数形と複数形について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Introduction to singular and plural nouns
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-noun/grammar-nouns/v/introduction-to-singular-and-plural-nouns-the-parts-of-speech-grammar-khan-academy


名詞の単数形と複数形について話しましょう。
前回話しましたが、名詞というのは言葉の種類、つまり、品詞で、人や場所やものや考えを表すものです。
英語の場合、名詞の形を見るだけで、名詞が表しているのが一つの何かなのか、つまり、単数なのか、あるいは、一つより多い何かなのか、つまり、複数なのか見分けることができます。
幾つか例を見ましょう。
英語でどのように複数形の名詞を作るか、つまり、どのようにして複数の何かがあることを表すかをお見せしましょう。
幾つか言葉を考えましょう。
「dog」、「cat」、「dinosaur」、「whale」です。
これらを複数形にするのは簡単です。お尻に「s」を付けるだけです。
「dogs」、「cats」、「dinosaurs」、「whales」です。
これらは規則複数形と言われるものです。
この言葉が意味するのはこの「お尻に「s」を付ける」という規則に従うということです。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • throw out・・・~を持ち出す
  • throw on・・・~を着る
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語