情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング87 前置詞について

KHANACADEMYの前置詞について説明している下の動画を要約してみました。

Meet the preposition
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-preposition-and-the-conjunction/introduction-to-prepositions/v/meet-the-preposition


前置詞について話したいと思います。
前置詞が行うのは物事の間の場所や時間に関する関係をはっきりとさせるということです。
ですから、前置詞はものがどこにあるのかを示すことができます。
ものがいつあるのかを示すことができます。
ものがどのようにあるのかを示すことができます。
「the box is under the hamster.」(箱はハムスターの下にあります)
「under」という言葉が前置詞です。
何故なら、「under」は箱がハムスターの下にあるという場所に関する関係をはっきりとさせているからです。
「under」は箱をハムスターに結び付けています。
「the box is over the hamster.」(箱はハムスターの上にあります)
「over」という言葉が前置詞です。
前置詞のもう1つの使用方法はものがお互いに関係していつあるのかについて話すことができるということです。
ですから、「before the hamster got the hat」(ハムスターが帽子を手に入れる前)と言ったり、「after the hamster got the hat」(ハムスターが帽子を手に入れた後)と言ったりすることができます。
「after」や「before」という言葉が時間に関する関係を表現します。
しかし、前置詞が行うことのできるもう1つの興味深いことはものがどのようにあるのかやものが何のためにあるのかを表現するのに役立つということです。
ですから、「this hat is for parties」(この帽子はパーティーのためのものです)と言ったり、「this hat is for wearing at parties」(この帽子はパーティーで身に着けるためのものです)と言ったりすることができます。
ですから、「for」は何のためにあるのかを表し、「at」は場所を表します。
また、ものがどのようにあるのかを表現するために「of」のような言葉を使用することもできます。
「of」は誰が何を所有しているのかを言うためのものです。
ですから、「that is the hat of the hamster.」(それはハムスターの帽子です)と言うことができます。
つまり、これが最も基本的な意味において前置詞が何であるかということです。
前置詞は2つのものの間の時間や場所に関する関係を明らかにするのに役立ったり、あるものが別のものにどのように関係するのかを明らかにするのに役立ったりします。
ですから、前置詞を使用すれば、時間と場所と方法を明らかにすることができます。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • rodent・・・齧歯動物の
  • critter・・・動物
  • midlife・・・中年の
  • splurge・・・見せびらかす
  • fabulous・・・素晴らしい
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語