情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング91 場所に関する前置詞について前半

KHANACADEMYの場所に関する前置詞について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Prepositions of space
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-preposition-and-the-conjunction/introduction-to-prepositions/v/prepositions-of-space


以前、前置詞は2つの物事の間の関係を表すと言いました。
そして、私たちは時間的に、あるいは、空間的に、あるいは、別の方法でそれを行うことができると言いました。
しかし、今回は空間的な前置詞について話したいと思います。
何故なら、これも前置詞が行うことの1つだからです。
前置詞は物事とその場所との間の関係を確立します。
ですから、「the triangle is over the square.」(三角形は四角形の上にあります)、あるいは、「the triangle is on top of the square.」(三角形は四角形の上にあります)と言うことができます。
「the circle is inside the square.」(円は四角形の内部にあります)と言うことができます。
私は空間的な前置詞の主要な幾つかについて使用方法を話したいと思います。
これらの前置詞の幾つかは複数の使用方法があります。
たとえば、「at」は空間的な意味もありますが、時間的な意味もあります。
しかし、今のところ、このことについては全く気にしないでいただきたいです。
空間的な使用方法以外については別物と考えてください。
「at」は位置を表します。
ですから、「we stood at the entrance to a cave.」(私たちは洞窟の入り口に立っていました)と言うことができます。
しかし、方向を表すこともあります。
「the creature launched itself at amina.」(その生物は自分自身をaminaに向けて発射しました)
「by」は近隣を表します。
「the house by the old mill is totally haunted.」(古い工場の傍のその家は本当によくお化けが出ます)
「from」はどこか別の場所からここに来たということを表します。
「we came from mars.」(私たちは火星から来ました)


難しめの単語や熟語の意味です。

  • mill・・・工場
  • haunted・・・幽霊のよく出る
  • spooky・・・不気味な
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語