情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング89 時に関する前置詞について中間

KHANACADEMYの時に関する前置詞について説明している下の動画の真ん中の部分を要約してみました。

Prepositions of time
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-preposition-and-the-conjunction/introduction-to-prepositions/v/prepositions-of-time


「by」は正確な終わりの時間を示します。しかし、正確な始まりの時間は示しません。
ですから、このようなことを言うことができます。
「this place had better be clean by 3 p.m., buddy.」(この場所は午後3時までに綺麗にしなければなりません)
このようなことを言った場合には午後3時より前に場所が綺麗になっていることには特に関心がありません。
それは良いことでしょうが、期限が午後3時であるということだけが重要なのです。
ですから、終わりの時間は正確です。それが「by」に込められた意味です。
しかし、始まりの時間は正確ではありません。
「for」は持続時間を示します。
何かがどれくらいの期間続いているかということです。
ですから、このようなことを言うことができます。
「i've been a chef for 40 years.」(私はシェフを40年間続けてきました)
「in」は境界のある期間を表します。
ですから、特定の期間継続する何かということです。
制限された期間のようなものです。
ですから、このようなことを言うことができます。
「in march」(3月に)
「in the middle ages」(中世に)
これらは両方とも定められた期間のようなものです。
3月には始まりと終わりがあります。
中世には始まりと終わりがあります。
これらは境界のある期間です。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語