情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング75 関係副詞について前半

KHANACADEMYの関係副詞について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Relative adverbs
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-modifier/introduction-to-adverbs/v/relative-adverbs


今回は英語における3つの関係副詞について話したいと思います。
「where」と「when」と「why」です。
もしかしたらこれらの言葉を見てこれらは疑問詞ではないかと強く思っているかもしれません。
そして、それは正しいです。
これらは疑問詞です。
ですから、これらは、たとえば、「where are you from?」(あなたはどこから来ましたか?)という質問をするために使用することができます。
「where」という言葉はものが空間上のどこにあるか明らかにするために使用します。
つまり、「where」は場所を明らかにするのです。
そして、この質問には、たとえば、「that is the cave where i grew up.」(成長期を過ごした洞窟から来ました)と答えることができます。
そして、この答えにおける「where」は疑問詞として使用されている訳ではないということが分かります。
これは実際には「i grew up」という節を「cave」に繋げています。
そして、これがこれらを関係副詞と呼ぶ理由です。
何故なら、「where」という言葉は「grew」(育った)という言葉を修飾しているからです。
どこで育ったかを言っているのです。
そして、「where」は「i grew up」という節を文の残りの部分に繋げています。つまり、「that is the cave.」という文に繋げています。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • whoosh・・・~をしゅっと音を立てて非常に高速に動かす
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語