情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング56 主格代名詞と目的格代名詞について後半

KHANACADEMYの主格代名詞と目的格代名詞について説明している下の動画の後半部分を要約してみました。

Subject and object pronouns
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-pronoun/subject-object-person-and-number/v/subject-and-object-pronouns-the-parts-of-speech-grammar


理解を補強するために更に例を出しましょう。
「i give her a present.」
今のところ、「i」が主語であり、「her」が目的語です。
これを入れ替えたらどうなるでしょうか?
「her gives i a present.」とはなりません。
何故なら、主語と目的語を入れ替えており、使用する代名詞も切り替えなければならないだろうからです。
そのため、「she gives me a present.」となるでしょう。
さて、「she」は「her」の主語形であり、「me」は「i」の目的語形です。
「they」や「he」についても同様です。
たとえば、「they showed him a guitar.」の場合、「they」が主語であり、「him」が目的語です。
入れ替えてみましょう。
「he showed them a guitar.」です。
さて、入れ替えを行ったところ、「him」は「he」になりました。
つまり、目的語形の「him」から主語形の「he」に変わりました。
そして、主語形の「they」は目的語形の「them」に変わりました。
さて、「you」や「it」の場合には、幸運なことに、主語形と目的語形は同じです。
「you give it a present.」と言うこともできますし、「it gives you a present.」と言うこともできます。
これが主格代名詞と目的格代名詞の違いです。


難しめの単語や熟語の意味です。

  • switcheroo・・・どんでん返し
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語