情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング21 呼応について前半

KHANACADEMYの呼応について説明している下の動画の前半部分を要約してみました。

Introduction to agreement
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-verb/introduction-to-verbs/v/introduction-to-agreement-verbs-the-parts-of-speech


英語で呼応と呼ばれるものについて話したいと思います。
どのように呼応的にするかを教えたいと思います。
例を出しましょう。
「the dog barks.」
対照的に。
「the dogs bark.」
違いが分かりますか?
「s」が移動したように見えて面白いです。
そして、「the dog bark.」とは言いません。これはおかしいです。
そして、「the dogs barks.」とも言いません。奇妙に思えます。
「s」の後に別の「s」を使いたくはありません。
実際には文の中には1つだけ「s」が欲しいです。
「the dog barks.」や「the dogs bark.」が正しいです。
現在時制で1つのものしかない場合には不思議なことに「s」が必要なのです。
ですから、「jake bakes a cake.」や「we bake a cake」は正しいです。
しかし、「jake bake a cake.」は正しくありません。
これは確かに言うのは面白い文ですが、標準的な英語では正しくありません。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語