情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

KHANACADEMYのリスニング22 呼応について後半

KHANACADEMYの呼応について説明している下の動画の後半部分を要約してみました。

Introduction to agreement
https://www.khanacademy.org/humanities/grammar/parts-of-speech-the-verb/introduction-to-verbs/v/introduction-to-agreement-verbs-the-parts-of-speech


これは私たちが呼応と呼ぶものを示しません。
同様に、「we bakes a cake.」とも言いません。
ロード・オブ・ザ・リングの本か映画をよく知っているなら、「Gollum」を覚えていますか?
「Gollum」は奇妙な小さい丸い目をした生き物でした。
そして、彼は厳密に言えば標準的でない非常に特徴的な英語の話し方をしていました。
彼はあらゆるものについて言う時、あらゆる動詞に「s」を付けていました。
彼が高価なものと言っていた彼が非常に好きな魔法の指輪について話す時には彼は「i love it.」とは言いませんでした。
彼は「i loves it.」と言いました。
これは正しくありません。
これは呼応を示していません。
「Gollum」が文法的に正しいなら「i love it.」と言うはずです。
そして、これがあなたに発達させてほしい感覚です。
自分自身で自分が話すのを聞いて「Gollum」のように聞こえないか確認するのです。
もし「Gollum」のように話しているのならあなたは恐らく標準的なアメリカ英語の呼応のルールに従っていないか、単にあなたは「Gollum」の物まねをしています。
これが呼応の背景にある基本的な考えです。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語