情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Mastodonについて

2017/04/26

Mastodonとは

MastodonとはTwitterのようなSNSの1つです。

Twitterと大きく異なるのは1つの企業が開発し、運営を行っているのではないということです。

Mastodonはオープンソースで開発されており、別のオープンソースのSNSであるGNU socialと互換性があります。

また、集中型のシステムではなく分散型のシステムです。

分かりやすく言うと、電子メールシステムに似ています。逆に、BitTorrentのようなものには似ていません。

電子メールサービスは様々な個人や団体が独自のものを運営しており、ユーザーは自由に単一又は複数のサービスに登録することができ、同じサービスのユーザー間だけではなく、異なるサービスのユーザー間でもメールの送受信を行うことができますが、Mastodonも同様です。

つまり、Mastodonも如何なる個人や団体でも独自のものを運営することができ(個人や団体によって独自に運営されるMastodonのサービスをインスタンスと言います)、ユーザーは自由に単一又は複数のインスタンスに登録することができ、同じインスタンスのユーザー間だけではなく、異なるインスタンスのユーザー間でも互いにフォローすることができ、発言(Mastodonではユーザーの発言をトゥート(toot)と呼んでいます)などの送受信を行うことができます(異なるインスタンス間での相互作用を連合フェデレーション)と言います)。

また、上でも書いたように、MastodonはGNU social互換であるため、Mastodonの異なるインスタンスのユーザー間だけではなく、別のGNU social互換のサービスのユーザー間でも互いにフォローすることができ、発言などの送受信を行うことができます(つまり、連合を成すことができます)。

Mastodon以外のGNU social互換のサービスには下のようなものがあります。

  • GNU social(StatusNetやLaconicaと呼ばれていたこともあります)
  • postActiv

Mastodonが集中型ではなく分散型のアーキテクチャを採用している理由は単一の企業がSNSを独占するのを回避するためです。

単一の企業がSNSを独占してしまうとユーザーにとって幾つかの弊害が生じてしまう恐れがあります。

勿論、独占によってユーザーが得られる恩恵もありますが、Mastodonは特に独占を好まないユーザーを対象としているものです。

とは言え、現在のMasrodonの流行は新鮮さという部分が大きいようであり、ユーザーの大部分は単一の企業によるSNSの独占の回避という部分には特に注目していないようです。

名称の由来

mastodonというのは先史時代に存在していたゾウやマンモスに似ている動物なのですが、アメリカのヘヴィメタルバンドの名称でもあり、Mastodonの作者はこのバンドのファンです。

インスタンス

Mastodonは如何なる個人や団体でもインスタンスを運営することができるため、現時点でも様々な個人や団体がインスタンスを運営しています。そして、今後もインスタンスの数は増えていくものと思われます。

現時点での主なインスタンスには下のようなものがあります。

  • mastodon.social・・・Mastodonの作者が自身で運営しているインスタンスです。
  • mstdn.jp・・・日本最大のインスタンスです。運営者は@nullkalさんです。ドワンゴに入社しました。
  • pawoo.net・・・ピクシブが運営しているインスタンスです。
  • friends.nico・・・ドワンゴが運営しているインスタンスです。niconicoと連携することが可能になっています。

技術的詳細

MastodonはOStatusというプロトコルの実装です。

OStatusとは様々な時系列的なデータを異なるサービス間、あるいは、異なるサービスのユーザー間で送受信する仕組みです。

技術的詳細については別の記事で取り上げる予定です。

プログラムからの利用

MastodonはAPIを提供しており、プログラムから利用することが可能となっています。

APIの詳細については別の記事で取り上げる予定です。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-mastodon