情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

「命題」の誤用

ある書籍を読んでいて「命題」の誤用が散見されました。

「この競争の命題は『顧客がクラウドコンピューティングに期待しているのはコストメリットなのか? それともスケールアウト可能な情報システムなのか?』という問いであり、中立の立場で冷静に観察すると、この競争はクラウドコンピューティングによりもたらされる新しいパラダイムの意義を具体化する行為にほかなりません」

「すなわち、ストレージシステムにおいて機能性やパフォーマンスとスケーラビリティはトレードオフの関係にあり、両者をどのようにして両立させるかがストレージシステムの研究開発での一つの命題です」

「したがって『スケーラブルなストレージ』はクラウドコンピューティングにとって常に存在する普遍的な命題であり、かつ日々向上が期待される切実な技術課題でもあります」

命題というのは真または偽に決定できる文のことです。そのため平叙文に対してしか使用できないはずです。

一つ目の引用では、「命題」の指す「文」が選択疑問文なので、ここで「命題」という言葉を使うのは誤りです。

二つ目の引用では、「命題」の指す「文」が疑問詞疑問文なので、ここで「命題」という言葉を使うのは誤りです。

三つ目の引用では、「命題」の指す内容は文でさえありませんので、ここで「命題」という言葉を使うのは誤りです。この場合は「したがって『クラウドコンピューティングにおけるストレージはスケーラブルである』は真の命題であり、かつ日々その性能の向上が期待される切実な技術課題でもあります」とでもするべきでしょう。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-日本語