情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Node.jsとは

Node.jsとはJavaScriptで記述されたコードを実行するためのプラットフォームです。

元々JavaScriptはブラウザ上で実行するためのスクリプト言語として誕生しました。

当初は機能が少なく、出来ることが限られていたためそれほど活用されていた訳ではありませんでした。

しかし、徐々に機能が拡充され、また、2000年代中葉にAJAXと呼ばれるJavaScriptを利用した通信方法が普及し始め、JavaScriptの様々なアプリケーションやライブラリが開発されるようになりました。ブラウザベンダーもJavaScriptエンジンの高速化に注力するようになり、JavaScriptはクライアントサイドコードの言語としての支配的な地位を確立しました。

そして、そのようなJavaScriptをサーバサイドの世界に持ち込んだのがNode.jsです。

Node.jsはJavaScriptを使ってウェブアプリケーションを構築することを主な目的として開発されました。すなわち、Node.jsはサーバサイドコードの言語としてのJavaScriptを実現したということです。

Node.jsはJavaScriptエンジンとしてGoogle Chromeが搭載しているV8を利用しています。そのため、高速なJavaScriptコードの実行が可能となっています。

また、JavaScriptはクライアントサイドコードを記述する唯一の言語として発展してきた経緯から今までに大量のライブラリが開発されていますし、今もなお盛んに開発が行われています。そのようなライブラリをサーバサイドでも同様に利用できるということがNode.jsの大きな利点となっています。

更に、クライアントサイドでもサーバサイドでもJavaScriptを使用することにより、当初クライアントサイドやサーバサイドのコードとして記述したものをある程度互いに流用することもできます。

クライアントサイドでもサーバサイドでも同じ言語を使用するため、別々の言語を使用する場合と比べて習得しなければならないことを減らすことができます。

このような利点があるため、Node.jsはウェブ開発においてかなりの支持を得ています。

なお、勿論Node.jsはウェブアプリケーション以外のソフトを開発するために使用することもできますし、益々ウェブアプリケーション以外の用途に広がりを見せているのが現状です。

関連

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-Node.js