情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

初めて投稿します ~作文が下手糞な私~

※これは「名もなき老婆」さんからの寄稿記事です。このブログでは寄稿を募集しています。興味がある方はご連絡ください。


生まれつき口下手であった私はもちろん作文も下手である。

小学校中学年の頃のことであった。
村祭りの後で、お祭りについての作文の宿題が出された。
もとより文を作ることはあまり得意な方でなかったので、
いい加減に書き終えて、机の上にそのままにしておいたら、
父に読まれてしまい書き直し

父は床の中で横になっていて、私は父の枕元で父の言うひとことひとことを書いていった。
夜遅くまでかかり、やっと清書して学校へ持っていくことにした。

その書き出しといったら、
指折り数えて待っていたお祭りも夢のように過ぎてしまいました
という調子で、
小学生には考え出すはずもない調子の文だった。
先生に出すのが嫌でしぶしぶ出したのを覚えている。

その日の何時間目かに作文の時間が来た。
先生は時間が始まるとさっそく私の作文を黒板に書き、皆で読み合い
「ここが上手い!!」
とか、
「よく考えてあるな」
とか、赤丸を付けていった。
私は顔中が赤くなったり青くなったりしたことを覚えている。
でも、この作文は家の人に教えてもらったとはとても言えなくて、
嫌な時間がやっと過ぎたことがあった。

先生は家の人に教えてもらったことはきっと見破っておられたと思ったけど、叱られはしなかった。
というのも、幸いに私は他の教科もクラスの中ではトップの方だったので許してもらえたのではないかと思う。
それで、私は悪いことしたなと反省し、父を恨めしく思った。
父としては少しでも作文の点を上げたいと思ったのだろうけど・・・。

それ以後、ますます作文が嫌いになり、今でも文を作るのは苦手な方だ。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-寄稿, 未分類