情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Node.jsでプログラムを終了する

2016/06/18

プログラムを終了するにはprocess.exit関数を使用します。

process.exit(0);

第1引数にリターンコードを指定します。

リターンコードは正常終了の場合には0とし、異常終了の場合には1以上とするのが普通です。

サンプルコード1

コマンドライン引数の数をチェックするには下のようにすると良いでしょう。

下ではコマンドライン引数が2個以下の場合にはエラーメッセージを標準エラー出力に出力し、プログラムを終了し、3個以上の場合には3個目の引数を標準出力に出力しています。

process-exit.js

if (process.argv.length < 3) {
    console.error('lack argument.');
    process.exit(1);
}

console.log(process.argv[2]);

実行結果

C:\work\node>node process-exit.js
lack argument.

C:\work\node>node process-exit.js arg1
arg1

C:\work\node>node process-exit.js arg1 arg2
arg1

関連

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-Node.js