情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Pythonのシーケンス型の+/*演算子

2017/06/16

シーケンス型とは、複数の要素を順番に並べて保持する型のことで、文字列・リスト・タプルがこれに該当します。

シーケンス型には+演算子と*演算子が適用可能です。

+演算子

シーケンス型に対する+演算子は、「連結」という意味になります。

連結の例を示します。

>>> a = "hello"
>>> b = "python"
>>> c = "world"
>>> a + " " + b + " " + c
'hello python world'
>>> l1 = [1, 1, 2, 3]
>>> l2 = [5, 8, 13, 21]
>>> l1 + l2
[1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21]
>>> t1 = (2, 3, 5, 7)
>>> t2 = (11, 13, 17, 19)
>>> t1 + t2
(2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19)

*演算子

シーケンス型に対する*演算子は、「繰り返し」という意味になります。右オペランドは、整数型になります。

繰り返しの例を示します。

>>> "mikku" * 2 + " ni siteyannyo!!"
'mikkumikku ni siteyannyo!!'
>>> [1, 2, 3, 2] * 4 + [1]
[1, 2, 3, 2, 1, 2, 3, 2, 1, 2, 3, 2, 1, 2, 3, 2, 1]
>>> (1, 3, 5) * 3
(1, 3, 5, 1, 3, 5, 1, 3, 5)
pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-python