情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

ディクテーションの実例153 S&P 500について

S&P 500について説明している下の動画でディクテーションをしてみました。

Standard And Poor's 500 Index
http://www.investopedia.com/video/play/standard-and-poors-500-index/

下がディクテーションしてみた結果です。私はリスニング力が低いので聞き取れなかった部分もありました。そのような部分は?で表しています。また、リスニング力が低いため聞き間違えている部分も多いかと思います。

もし聞き間違えている部分を見付けたら、コメントで教えてくださるととてもありがたいです。


the standard and poor's 500 index or s&p 500 is one of the most common indexes for the u.s. stock market and is comprised of 500 large cap stocks representing the leading industries of the u.s. economy. they are chosen in for such factors as market size and liquidity or in other words how easily an asset or security can be bought or sold in the market without affecting the asset's price. intended to be a leading gauge of u.s. equities, the s&p 500 is also meant to reflect the risk and return associated with the large cap companies. large cap refers to companies with a market capitalization of more than $10,000,000,000. to find this value, multiply the number of it's shares outstanding by it's stock price per share. many people consider the s&p 500 to be a better representation of the u.s. market than the dow jone's industrial average since the latter only includes 30 companies. while the focus of the s&p 500 is on u.s. based companies, there are a few companies without headquarters in or that are incorporated in other countries.

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-英語