情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

簿記入門 第三回 取引の記録

前回までで、資産、負債、純資産、収益、費用という簿記の五つの要素について解説を終えました。また、ある時点における財政状態とある期間における経営成績を明らかにする方法、即ち、貸借対照表と損益計算書の作成についても解説しました。

これで、既に帳簿に記録されている各要素間の関係についてはある程度理解できました。今回は、取引の発生からその取引の帳簿への記録(「記帳」という)までに亘る一連の過程について見ていきます。

前回の最後の方で、簿記の五つの要素の関係を「秤」というイメージで説明しました。

何らかの取引が発生したら、「秤」による取引の測定が行われその結果が五つの要素に反映されるというイメージでしたが、このイメージで言う「取引の測定」を簿記では「帳簿の上で」(段階的に)行います。

その流れは以下のようになります。

それぞれの段階を詳しく見ていきましょう。

1.取引

簿記では、資産、負債、純資産を変動させる何らかの経済活動を取引と言います。そのため、一般的には取引と言われるものでも簿記では取引と言わない事柄もありますし、逆に一般的には取引と見做されない事柄が簿記では取引として扱われることもあります。一般的な取引と区別するために、簿記での取引を特に「簿記上の取引」と言う場合もあります。

例えば、「月¥20,000の家賃で建物を借りる契約をした」場合。この場合は、契約をしただけであって、資産、負債、純資産の変動は起こっていません。そのためこれは簿記上の取引ではありません。また、「現金¥3,000を紛失した」場合は現金という資産の減少が発生しています。そのためこれは簿記上の取引に含まれることになります。

このような簿記上の取引の発生に伴って、記帳の必要性が生じます。

2.取引の分解(勘定科目の決定)

取引は、資産、負債、純資産、収益、費用の五要素にどのような内容の変動を及ぼすかによって分解されます。この内容を細かく区分したものが「勘定」であり、勘定に付けられた名前を「勘定科目」と言います。

主な勘定科目には次のようなものがあります。

見て分かる通り、第一回と第二回で書いた五要素内の(原因別)区分そのものが勘定科目だった訳で、これらが簿記で扱う諸要素の最小単位となっています。

例えば、「商品¥180,000(仕入原価¥150,000)を売り渡し、代金は現金で受け取った」という取引の場合は、簿記の五要素にどのような内容の変動を及ぼすかによって「現金¥180,000の増加」「商品¥150,000の減少」「商品売買益¥30,000の発生」という三つの要素に分解できます。

3.取引要素の結合関係

分解したある取引の要素間にはある関係が存在します。

第一回と第二回で貸借対照表と損益計算書を導入しました。これらの表はT字型に大きく区切られていますがこの左側を「借方」、右側を「貸方」と言います。

この借方や貸方というのはいわば数学の符号のようなもので、それぞれの要素毎に正負への対応が決まっています。

上の表を見ると、資産と費用は借方に記入されている一方で、負債、純資産、収益は貸方に記入されています。これは、

 資産、費用・・・(借)→(+)、(貸)→(-)

 負債、純資産、収益・・・(借)→(-)、(貸)→(+)

という対応になるということです。つまり、

・資産は、貸借対照表の借方に表示されるから、資産の勘定は増加を借方に、減少を貸方に記入する。

・負債は、貸借対照表の貸方に表示されるから、負債の勘定は増加を貸方に、減少を借方に記入する。

・純資産も、貸借対照表の貸方に表示されるから、純資産の勘定は増加を貸方に、減少を借方に記入する。

・収益は損益計算書の貸方に表示されるから、収益の勘定は、その発生額を貸方に記入する。

・費用は損益計算書の借方に表示されるから、費用の勘定は、その発生額を借方に記入する。

ということです。

この「勘定記入の法則」に従って、前の段階で分解した取引要素を借方の要素と貸方の要素に振り分けます。

「商品¥180,000(仕入原価¥150,000)を売り渡し、代金は現金で受け取った」という取引は、「現金¥180,000の増加」「商品¥150,000の減少」「商品売買益¥30,000の発生」という要素に分解できましたが、これを借方の要素と貸方の要素に分けると、借方の要素が「資産(現金)の増加¥180,000」で貸方の要素が「資産(商品)の減少¥150,000」と「収益(商品売買益)の発生¥30,000」だということになります。

振り分けられた借方と貸方の要素の間には主に以下のような関係があります。これを「取引要素の結合関係」と言います。

(借方の要素)  (貸方の要素)  (例)

 資産の増加――――資産の減少   「青森商店の商品売上代金の未収分¥250,000を小切手で受け取った」

 資産の増加――――負債の増加   「浅虫商店から商品¥400,000を仕入れ、代金は来月末に支払うことにした」

 資産の増加――――純資産の増加  「現金¥700,000、商品¥380,000、備品¥320,000を元入れして、食料品店を始めた」

 資産の増加――――収益の発生   「不用品を売却し、代金¥3,000を現金で受け取った」

 負債の減少――――資産の減少   「十和田商店の買掛金¥300,000の支払いとして、¥100,000は先に受け取ってあった弘前商店振出しの小切手を渡し、¥200,000は小切手を振り出して支払った」

 負債の減少――――負債の増加   「店の現金¥50,000と商品(原価)¥20,000を私用のため引き出した」

 費用の発生――――資産の減少   「八戸郵便局で郵便切手20枚@¥80とはがき15枚@50を購入し、代金は現金で支払った」

このような結合関係があるため、借方と貸方に分けると借方の合計額と貸方の合計額は必ず等しくなります。

4.仕訳

借方と貸方に分けた取引要素は「仕訳帳」という帳簿に記帳します。この作業を「仕訳」と言います。

仕訳帳の形式は以下のようになっています。

・日付欄・・・取引が発生した月と日を記入する。ただし、取引発生の月が(同一ページの)直前の取引発生の月と同一の場合は何も記入しないでおく。また、同じ日に二つ以上の取引がある時は(同一ページならば)二つ目の取引からは日の代わりに「〃」を付ける。

・摘要欄・・・仕訳の借方の勘定科目を左側に、貸方の勘定科目を右側に記入する。原則として、借方の勘定科目、貸方の勘定科目の順番で、それぞれ括弧を付けて記入する。勘定科目が二つ以上ある場合は、勘定科目の上(最初の行)に「諸口」と記入する。勘定科目を記入し終えたら、その次の行に取引の内容を簡単に記入する。これを「小書き」と言う。例外的に、借方の勘定科目が複数あり(その結果最初の行に諸口と記入する必要があり)、尚且つ貸方の勘定科目が単一である場合は、通常とは逆に貸方の勘定科目、借方の勘定科目の順番で記入する(下図参照)。

・借方欄、貸方欄・・・借方欄には借方の勘定科目の金額を記入し、貸方欄には貸方の勘定科目の金額を記入する。

・元丁欄・・・仕訳を総勘定元帳の勘定口座に記入した時(後述)、その勘定口座の番号または頁数を記入する。

5.転記

仕訳した取引要素は、最後に「総勘定元帳」(「元帳」とも言う)という帳簿の適切な「勘定口座」に以下のように記入します。

・仕訳された借方の勘定の金額を、その勘定口座の借方に書き移す。

・仕訳された貸方の勘定の金額を、その勘定口座の貸方に書き移す。

この作業を「転記」と言います。

勘定口座の形式は以下のようになっています(「標準式」の場合)。

・日付欄・・・取引が発生した月と日を記入する。細かい表記法は仕訳帳の場合と同様である。

・借方欄、貸方欄・・・前の段階で仕訳帳に記入した借方金額を該当する勘定口座の借方欄に記入し、貸方金額を該当する勘定口座の貸方欄に記入する。

・摘要欄・・・前の段階で仕訳帳に記入した相手勘定科目を記入する。相手の勘定科目が二つ以上ある時は諸口と記入する。

・仕丁欄・・・対応する仕訳が記入されている仕訳帳の頁数を記入する。

ここまで見てきたように、発生した取引は全てこのような流れで記帳していくことになります。第一回と第二回で作成した貸借対照表と損益計算書はこのような記帳がきちんと行われていて初めて作ることができるものです。

(第四回に続く...)

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-簿記