情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

ウェブ開発者なら必ず知っておくべき基礎知識(1)URI(URL)とは

URI(URL)とは下のような文字列のことです。

  • ftp://ftp.is.co.za/rfc/rfc1808.txt
  • http://www.ietf.org/rfc/rfc2396.txt
  • ldap://[2001:db8::7]/c=GB?objectClass?one
  • mailto:John.Doe@example.com
  • news:comp.infosystems.www.servers.unix
  • tel:+1-816-555-1212
  • telnet://192.0.2.16:80/
  • urn:oasis:names:specification:docbook:dtd:xml:4.1.2

URIはUniform Resource Identifierの略称です。

この3つの言葉について1つずつ見ていきましょう。

まず、Uniform、Resource、Identifierの中で最も肝心なのがIdentifierの部分です。

「Identifier」は日本語では「識別子」という意味です。Uniform Resource Identifierという名称の中にIdentifierが含まれているのは正にURIが何らかのものを識別するためのものだからです。

次に重要なのがResourceの部分です。

「Resource」は日本語では「資源」という意味ですが、「Resource」の本来的な意味にあまり意味はありません。

URIは何らかのものを識別するためのものですが、その「何らかのもの」のことを「Resource」と言います。Uniform Resource Identifierという名称の中にResourceが含まれているのはURIが「識別の対象」のためにResourceという語を使っているからというだけの理由です。

重要なのは、URIはリソースを識別するためのものだということであり、識別されるものをリソースと呼んでいるということです

リソースの範囲に特に制限はありません。基本的にどんなものでもリソースになり得ます。特に、リソースは実在するものに限られず、実在しないものであっても構いません。また、アクセスできるものに限られる訳でもなく、アクセスできないものであっても構いません。

最後に、最も重要でないのがUniformの部分です。

「Uniform」は日本語では「統一的な」という意味です。これはURIが様々な種類のリソースを識別するために使用できるということを表しています

ここまでを纏めると、URIとは様々な種類のリソースを識別するための文字列です

ただし、逆に、様々な種類のリソースを識別するための文字列が全てURIである訳ではありませんので注意してください。

ある識別子がURIであるためにはURIの構文に従った文字列である必要があります。

URIの構文については下の記事を参照してください。

URIとURLの違い

URIと似た意味で使われる言葉としてURL(Uniform Resource Locator)がありますが、これは若干古い言葉であり、基本的にはURIを使用するべきです。

とは言え、恐らくURIよりURLの方が広く使われていると思います。

URLという言葉が出てきた時はURIに読み替えてほぼ問題ないかと思います。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-web