情報アイランド

「情報を制する者は世界を制す」をモットーに様々な情報を提供することを目指すブログです。現在はプログラミング関連情報が多めですが、投資関連情報も取り扱っていきたいです。

Advanced REST clientの使用方法

Advanced REST clientとは

Advanced REST clientとは任意のHTTPサーバに対して様々なHTTPリクエストを行い、結果としてHTTPレスポンスを取得するためのソフトウェアです。

Advanced REST clientのインストールに関しては下の記事を参照してください。

使用方法

下のページにアクセスします。

Advanced REST client
https://chrome.google.com/webstore/detail/advanced-rest-client/hgmloofddffdnphfgcellkdfbfbjeloo

「アプリを起動」をクリックします。

すると、下のようなウィンドウが表示されます。

URLの指定

URLのホスト部分を指定するには「Host」テキストボックスにホスト部分を指定します。

URLのパス部分を指定するには「Path」テキストボックスにパス部分を指定します。

URLのクエリ部分を指定するには「Query parameters」の「ADD」をクリックし、「Param name」テキストボックスにクエリパラメータの名称を指定し、「Param value」テキストボックスにクエリパラメータの値を指定します。

URLのフラグメント部分を指定するには「Hash」テキストボックスにフラグメント部分を指定します。

メソッドの指定

GETリクエストを行うには「GET」を選択します。

POSTリクエストやPUTリクエストやDELETEリクエストやPATCHリクエストも同様です。

その他のメソッドを指定するには「Other methods」から選択するか指定します。

また、GETリクエストやHEADリクエスト以外の場合には「Custom content type」からContent-Typeヘッダフィールドの値を選択することができます。

Content-Typeヘッダフィールドの値には通常はボディのデータのメディアタイプ(MIMEタイプ)を指定します。

ヘッダフィールドの設定

ヘッダフィールドを設定するには「Headers form」をクリックし、「Header name」テキストボックスにヘッダフィールドの名称を指定し、「Header value」テキストボックスにヘッダフィールドの値を指定します。

ヘッダフィールドを追加するには「ADD HEADER」をクリックします。

ボディの指定

ボディを指定するには「Raw payload」をクリックし、ボディを指定します。

あるいは、Content-Typeヘッダフィールドの値がapplication/x-www-form-urlencodedである場合にはボディとしてフォームデータを指定することができます。

フォームデータを指定するには「Data form」をクリックし、「ADD ANOTHER PARAMETER」をクリックし、「Param name」テキストボックスにフォームパラメータの名称を指定し、「Param value」テキストボックスにフォームパラメータの値を指定します。

あるいは、Content-Typeヘッダフィールドの値がmultipart/form-dataである場合にはボディとして1個以上のファイルのデータを指定することができます。

ファイルのデータを指定するには「Files」をクリックし、「ADD ANOTHER FILE」をクリックし、「CHOOSE FILE」をクリックし、ファイルを選択し、「Form param name」テキストボックスにフォームパラメータの名称を指定します。

HTTPリクエストの送信

サーバにHTTPリクエストを送信するには「Send」をクリックします。

すると、サーバから返信されたHTTPレスポンスの内容が表示されます。

ステータスコードやステータスメッセージや応答時間やヘッダフィールドやボディなどが表示されます。

pizyumi
プログラミング歴19年のベテランプログラマー。業務システム全般何でも作れます。現在はWeb系の技術を勉強中。
スポンサーリンク

-web